ベラジョンカジノは安全?ライセンス・運営会社・違法性について

ベラジョンカジノは安全!?ライセンス・運営会社・違法性について

ベラジョンカジノの利用を検討する人の中には「安全性に問題がないのか」気になる方も多いでしょう。この記事ではベラジョンカジノが安全かどうか?ライセンスや運営会社、違法性などを詳しく解説していきます。

 

ベラジョンカジノに安全で違法性なし!安全な8つの理由

ベラジョンカジノに危険性はなく違法性なし!安全に利用できる8つの理由

「ベラジョンカジノは違法・危険」といった口コミを見かけることもありますが、実際には違法性もなく、安全に利用することができます。それは以下のような8つの理由があるためです。

それぞれ詳しく解説をしていきます。

 

安全な理由①ベラジョンカジノは日本ではなく海外の会社により運営されている

ベラジョンカジノはBreckenridge Curacao B.V.というオランダ領キュラソー島に本拠を置く会社により運営されています。

Breckenridge Curacao B.V.が日本の企業の場合は違法ですが、国外に拠点を置いているため日本の法律は適用されず、賭博罪に問われることはありません。

なおBreckenridge Curacao B.V.の住所を調べてみると、以下のような建物が表示されました。

Breckenridge Curacao B.V.の住所にある建物

もっと厳かなオフィスを期待していたのですが、かなりこじんまりとしています。ベラジョンカジノの運営業態がオンラインで完結しているということで、大層なオフィスは不要ということなのでしょう。

 

安全な理由②ベラジョンカジノはサイトのサーバー拠点が日本ではなく海外にある

ベラジョンカジノのサーバー拠点を調べてみると、日本ではなく海外にあることが分かりました。

ベラジョンカジノのサーバー拠点

IPアドレス住所検索|ラッコツールズ

具体的な場所で言うと、アメリカのカンザス州です。海外企業による運営と合わせ、サーバー拠点も海外にあるということで、違法性に対する心配は無用です。

安全な理由③ベラジョンカジノはオランダ領キュラソー島の公的なライセンスを取得している

ベラジョンカジノは、オランダ領キュラソー島のライセンスを取得して運営されています。ライセンス証もしっかりと有効であることが確認できました。

ベラジョンカジノが取得しているキュラソーライセンス

ライセンスを保有しているということは、ベラジョンカジノが合法サイトであることの何よりの証明です。

 

安全な理由④ベラジョンカジノはサイトにSSL暗号化システムが搭載されている

ベラジョンカジノのサイトURLは「https:」から始まります。

ベラジョンカジノのサイトURLは「https:」から始まる

「https://」から始まるサイトには、SSL暗号化システムが搭載されているのが特徴です。

「https」はHyper Text Transfer Protocol over Secure Socket Layer(/transport layer security)のことで、httpにSSL/TLSによるデータ暗号化機能がついたものです。

引用元:Udemyメディア「httpsとはどんな意味?https導入のメリットとhttpとの違い」

よってベラジョンカジノに対してユーザーが提供する情報も、すべて暗号化されて管理されます。

しかもベラジョンカジノが採用しているRSA(2048Bits)という公開鍵は、ランダムで復号する場合には数兆年かかるとも言われるほどの強度です。

「個人情報を提供したり、クレジットカードを利用したりするのは怖い」と感じる方も多いかもしれませんが、SSL暗号化システムが搭載されている以上は、それほど心配する必要もありません。

 

安全な理由⑤ベラジョンカジノのゲームはすべてRNGにより作動しているのでイカサマがない

ベラジョンカジノのゲームには、すべてRNGという仕組みが搭載されているのでイカサマがありません。RNGとはRandom Number Generatorの略語です。

簡単に言えばゲームの動作はすべてランダムに規定されているということになります。

公平なゲームを保証するため、当社の製品は、名前の通り、無作為の番号を生成する、Random Number Generator (RNG) を使用しています。これにより、当社またはお客様による操作がまったくないことが保証されています。

引用元:ベラジョンカジノ「セキュリティ」

「ベラジョンカジノはどうせイカサマや遠隔操作をしているんでしょ?」と思う方もいるかもしれませんが、心配は一切無用です。

安全な理由⑥ベラジョンカジノは銀行振込による入出金に対応しているので安全性が高い

ベラジョンカジノは2020年1月に銀行送金に対応、2021年3月には銀行振込に対応しました。よって現在は電子決済サービスなどは必要なく、銀行口座さえあればすべての入出金が完結するようになっています。

銀行振込や銀行送金ができるということは、金融機関側から「ベラジョンカジノと資金融通をしても問題ない」と捉えられているということです。

特にコンプライアンスに煩いメガバンクも利用できるということで、ベラジョンカジノは高い信頼度を得ていることが分かるでしょう。

またオンラインカジノを利用するために新規でクレジットカードを発行したり、電子決済サービスを開設したりする手間が必要ないのも、非常に利便性が高いと言えます。

安全な理由⑦ベラジョンカジノは日本市場でナンバーワン人気という実績がある

ベラジョンカジノは言わずと知れた日本でナンバーワン人気を誇るオンラインカジノです。

日本でナンバーワン人気を誇るベラジョンカジノ

>【公式】ベラジョンカジノ
ここから登録すると入金不要ボーナス$30獲得

特に保守的な性格が多いと言われる日本人のユーザーが多いという事実は、ベラジョンカジノが安全に利用できるという大きな証明となります。

もちろん悪い口コミもゼロではありませんが、それ以上に良い口コミも多く見られます。一定数の悪い口コミがあるのも、ある意味健全な状態です。

また最近は新興のオンラインカジノがどんどん誕生する一方で、短期間でそのままサイト閉鎖となる業者も少なくありません。

しかしベラジョンカジノは2011年から実に10年間も安定して運営を続けているため、今後も突然サイトが閉鎖されてしまうというような心配は必要ないでしょう。

安全な理由⑧ベラジョンカジノの日本人ユーザーから逮捕者が出ていない

「ベラジョンカジノを利用することは違法だ」という主張も見かけます。しかし事実として、ベラジョンカジノを始めとするオンラインカジノの利用者から逮捕者は出ていません。

他のオンラインカジノでは、ユーザーが逮捕されたことがありますが、2016年を最後に止まっています。

しかも、結局当時の逮捕者も不起訴処分(おとがめなし)を勝ち取っているので、オンラインカジノの利用を通じて逮捕される確率は低いと言えるでしょう。

実態としては賭博なので、もちろん100%合法であるとは言い切れません。しかし国内でもカジノ施設の誘致が進んでいるといった動きもあるため、今後はベラジョンカジノを合法的に利用できるようになる可能性もあります。

ベラジョンカジノをより安全に利用するためのポイント

上述した通り、ベラジョンカジノの運営会社や、利用自体の危険性は低いです。しかしそれが100%安全にプレイできることを保証しているわけではないのも事実です。

実際に安全にベラジョンカジノを利用していく上では、ユーザーが注意すべきポイントもあります。より安全に利用するために、ユーザーが意識しておきたいポイントを詳しく解説していきます。

安全にプレイするためにベラジョンカジノの利用規約を熟読しておく

ベラジョンカジノを安全にプレイする上で利用規約の把握は必須事項です。規約違反すると、出金できなかったり、アカウントが凍結されるといった厳しい罰則を食らってしまうことになります。

アカウント登録をしたということは、利用規約を理解し同意したと見なされます。そのため「知らなかった」というような言い訳は通用しません。

ベラジョンカジノの利用規約に同意

>【公式】ベラジョンカジノ
ここから登録すると入金不要ボーナス$30獲得

特に、ボーナスの利用規約や、禁止ルールなどの重要事項については、必ず把握しておくようにしましょう。

外部リンク:ベラジョンカジノ「利用規約」

ベラジョンカジノで利用する入金・出金手段は2段階認証を設定しておく

ベラジョンカジノのサイトにはSSL暗号化システムが搭載されていると解説しました。

しかし100%安全性が保証されているということは当然ありません。特に入金・出金に関する情報が流出してしまった場合には、不正に利用されてしまう可能性もあります。

そのため決済手段側でも2段階認証を設定するなどの対策が重要です。例えばクレジットカードの場合には、3Dセキュアを設定しておくことで情報流出時の不正利用を防止することができます。

クレジットカードの3Dセキュア設定

またエコペイズもGoogleアプリなどを利用した二段階認証が可能なので、マストで設定しておきましょう。

ベラジョンカジノの自己規制システムでギャンブル依存症の対策をしておくと安全

ベラジョンカジノを利用する上で最も怖いのがギャンブル依存症です。

狂ったように入金をしては大敗したり、気づけば貫徹してしまったりと、ベラジョンカジノには魅力があるからこそ、ギャンブル依存症にも陥りやすくなってしまいます。

そのためなるべく自己規制により、プレイ上の様々な制約を課しておくと安全です。自己規制により制約をかけられる事項は、以下の通りです。

  • 期間あたりの入金額
  • 1回のログインで連続プレイができる時間
  • 1つのゲームを連続プレイができる時間
  • 期間あたりの損失額
  • ログイン間隔

もちろん厳しすぎる規制を設定すると、まともにベラジョンカジノを楽しむことができません。

しかし実生活にも支障を来たすような事態は避けられるよう、ある程度の規制をかけておきましょう。特に入金額制限と損失額制限は必須事項と言っても過言ではありません。

 

資金をベラジョンカジノだけでなく他のオンラインカジノにも分散しておくと安全

ベラジョンカジノに全資金を投じておくのは危険です。もちろん集中投資をしておくことで一気に資金を増やせる期待がある反面、大きく負けた場合には一気に多くの資金を失ってしまうことになります。

金融投資の世界でも分散投資が推奨されているように、オンラインカジノにおいても各カジノに資金を分散しておくのが安全でおすすめです。

各カジノに資金を分散参考:投資信託のリスクとリターン|JIS&T

するとベラジョンカジノで全資金が溶けてしまったとしても、別のオンラインカジノには資金が残っているという状態になります。

ベラジョンカジノを利用する時はセキュリティの強いネット環境下でプレイする

ベラジョンカジノをプレイする際には、なるべくセキュリティが強いネット環境を選びましょう。具体的には携帯電話の回線や自分のみがパスワードを知っているWi-Fiなどです。

逆にフリーWi-Fiは利便性が高い反面、第三者にログイン情報や決済情報などを盗み取られてしまう可能性があります。

鍵マークなしのフリーWi-Fiは危険

屋外でプレイする際には、鍵マークのないフリーWi-Fiに接続されていないかしっかりと確認した上で、ベラジョンカジノの利用を開始するようにしましょう。

ベラジョンカジノを他人のデバイスでプレイしない

ベラジョンカジノのアカウント保有については、以下のような規約があります。

一人のユーザー、IPアドレス、およびデバイスにつきに認められているのは、一アカウントのみです。複数のアカウントを持つユーザーを特定した場合は、当社は、重複したアカウントを閉鎖し、出金可能な資金を返却する権利を留保します。

引用元:ベラジョンカジノ「利用規約」

1人が複数のアカウントを保有するのがNGなのは当然です。しかし注意したいのは、IPアドレスやデバイスが重複するのもNGという点です。

つまり過去に第三者が利用したことがあるデバイスでのベラジョンカジノの利用は、重複アカウントを疑われてしまう可能性もあるということになります。具体的には学校や会社のパソコン、中古で購入したスマートフォンやパソコン、レンタルパソコンなどが危険です。

そのためベラジョンカジノをプレイする際は、必ず自分専用のデバイスを利用するようにしましょう。

ベラジョンカジノのトーナメントへの参加は避ける

ベラジョンカジノでは毎日のようにトーナメントが開催されています。

ベラジョンカジノのトーナメント

トーナメントで上位に進出できればお得に賞金を獲得できるということで、ユーザーからの評価も高いイベントです。しかし安全にプレイしようと考えるのであれば、トーナメントへの参加はあまりおすすめできません。

というのもトーナメントで上位に進出しようとすると、必然的に長時間のプレイが必要になってしまうためです。ギャンブルは理論上、長くプレイすれば確実に負ける確率設定になっています。

なので、トーナメントで粘れば粘るほど、資金がマイナスになるリスクも高まります。ベラジョンカジノはユーザー数も非常に多いため、トーナメントで上位に進出するのも至難の業です。

長期戦になりそうなトーナメントは避けて、無難にプレイするのがおすすめです。

ベラジョンカジノをプレイしている事を口外しないように注意する

ベラジョンカジノをプレイしていることは、なるべく口外しないように注意することも重要です。

警察に伝わって素行を疑われたり、人間関係が悪化するリスクが高まります。話が独り歩きして「アイツはプロギャンブラーとして生計を立てている」なんていう情報も出回りかねません。

特に大きく利益を稼いだ時など、自慢したくなる気持ちは十分分かりますが、なるべく自分の世界だけで完結しておくのが安全です。

トラブル時はベラジョンカジノの日本語サポートに依頼をする

ベラジョンカジノには日本語サポートがあります。何かトラブルがあった際には一人で抱え込むのではなく、サポートに解決を依頼するようにしましょう。

特にリアルタイムでやりとりができるライブチャットを利用するとスムーズに問題が解決できるため、ストレスもすぐになくなります。

なおライブチャットは以下の時間帯で利用可能です。

  • 平日:11時30分から22時30分
  • 土日:16時30分から22時30分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。